[2005年文献] 慢性腎臓病(CKD)は,男性の冠動脈疾患,および女性の脳梗塞における独立した危険因子

心血管疾患(CVD)を有さない日本人一般住民を対象とした前向きコホート研究において,慢性腎臓病(CKD)とCVDとの関連を検討した。12年間の追跡の結果,CKDは男性の冠動脈疾患,女性のCVDおよび脳梗塞の独立した危険因子であることが示された。日本人一般住民を対象にCKDとCVDの関連を検討したはじめての研究である。

Ninomiya T, et al: Chronic kidney disease and cardiovascular disease in a general Japanese population: the Hisayama Study.Kidney Int 2005; 68: 228-36.pubmed

コホート
心血管疾患既往のない,40歳以上の2634例(1988年より12年間)。
結 果
慢性腎臓病(CKD)群で非CKD群に比べ有意に高い値を示したのは,年齢,血清尿素窒素,クレアチニン,収縮期血圧,総コレステロール,ホモシステイン,および降圧薬の服用率。

冠動脈疾患は99例,脳梗塞は137例,脳出血は60例。
心血管疾患の発症数
男性 女性
冠動脈疾患 56 43 99
脳梗塞 60 77 137
脳出血 26 34 60

男性では,CKD群における冠動脈疾患の発症率が,非CKD群に比べ有意に高かったが,脳梗塞では有意差なし。
女性では逆に,CKD群における脳梗塞の発症率が,非CKDに比べ有意に高かったが,冠動脈疾患では有意差なし。
CKDおよび非CKD群の心血管疾患発症率
男性 女性
CKD 非CKD 有意差 CKD 非CKD 有意差
心血管疾患 10.7 8.3 - 6.7 4.8 P<0.05
  冠動脈疾患 6.2 2.9 P<0.05 2.7 1.3 -
  脳梗塞 3.1 3.8 - 3.4 2.5 P<0.05
  脳出血 1.2 1.9 - 0.8 1.4 -
発症率 / 1000人・年

多変量解析によると,収縮期血圧,降圧薬服用の有無,心電図,糖尿病,総コレステロール,HDL-C,トリグリセリド,BMI,喫煙,飲酒などの因子で補正後も,CKDは,男性の冠動脈疾患,および女性の脳梗塞における独立した危険因子であった。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.