国民を代表するランダムサンプルで日本人の基本的なエビデンスを蓄積
場所 国内の各300地区(無作為抽出)
NIPPON DATA 略図
対象 NIPPON DATA80: 第3次循環器疾患基礎調査(1980年)に登録された30歳以上の男女
NIPPON DATA90: 第4次循環器疾患基礎調査(1990年)に登録された30歳以上の男女
開始年 1994年
登録数 10567人(NIPPON DATA80),8384人(NIPPON DATA90)
調査項目 身長,体重,血圧,心電図,総コレステロール,HDL-C*,トリグリセリド*,血清アルブミン,随時血糖,クレアチニン,ヘモグロビンA1c*,白血球数*,γ-GTP,尿蛋白,尿糖,疾患既往,生活習慣(飲酒,喫煙,身体活動,食事),ADL(日常生活動作),QOL(生活の質)など
*NIPPON DATA90から導入された項目
主任研究者 上島 弘嗣 (滋賀医科大学生活習慣病予防センター)
参考 The Lipid 2005; 16(4): 383-387.
CARDIAC PRACTICE 2007; 18(2): 147-150.
厚生労働科学研究費補助金長寿科学総合研究事業 平成18年度研究報告書  「NIPPON DATA90の15年目の追跡調査による健康寿命およびADL,QOL低下に影響を与える要因の分析とNIPPON DATA80の19年追跡調査成績の分析」
 NIPPON DATA80(National Integrated Project for Prospective Observation of Non-communicable Disease And its Trends in the Aged)研究は,1980年の第3次循環器疾患基礎調査の対象者を1994年にあらためて追跡し,循環器疾患の危険因子と死亡リスクとの関連を検討した「さかのぼり前向き研究」である。また,1990年の第4次循環器疾患基礎調査の対象者の追跡も行われており,こちらはNIPPON DATA90と呼ばれている。

 循環器疾患基礎調査が断面調査としてデザインされていたこともあり,14年前にさかのぼっての追跡作業は困難をきわめた。各地の保健所員や研究室メンバーの手作業に頼る過程も多く,住所不明者の追跡のために古い電話帳を1ページずつ繰る際には,学生アルバイトを募って「突撃隊」が編制され(インタビュー参照),追跡率は91 %という高い水準に達した。

 NIPPON DATAが目指すのは「ほんとうに必要とされる,ごく当たり前のエビデンスを出すこと(上島氏談)だ。日本人ではまだそれが十分とはいえない。国民を代表する各1万人前後のデータから,これまでに総コレステロールと全死亡,高血圧・肥満と脳血管疾患死亡,喫煙と脳血管疾患,HDL-Cと全死亡など,さまざまな関連が明らかにされてきた。これからも,NIPPON DATAによってこのような「当たり前」のエビデンスが蓄積されることが期待されている。

Contents

インタビュー
主な文献一覧

NIPPON DATAの更新情報
〔最新の10件〕  ...すべて見る

・2018.4.27
[2016年文献] 非特異的な心電図所見(電気軸,構造,再分極の異常)は,既存のリスクスコアの心血管疾患死亡リスク予測能を改善させる

・2018.2.28
[2015年文献] 高血圧に対する過体重・肥満の影響は,1980年から2010年にかけて大きくなってきている

・2017.12.25
[2016年文献] 食事からとるNa/K比が高いほど,脳卒中死亡,心血管疾患死亡および全死亡リスクが有意に高い

・2017.10.30
[2014年文献] 女性では,糖質(炭水化物)の割合が少ない食事が心血管疾患死亡・全死亡リスク低下と関連

・2017.1.30
[2016年文献] 食事からの摂取エネルギー量が多い男性では全死亡リスクが高い

・2016.12.21
[2015年文献] 総コレステロール高値は心血管疾患死亡の危険因子

・2016.12.21
[2015年文献] 心電図上のPR延長は,長期的な全死亡および心血管疾患死亡リスクとは関連しない

・2016.1.27
[2014年文献] 長鎖n-3系多価不飽和脂肪酸の摂取量が多いほど,心血管疾患死亡リスクが低い

・2015.12.25
[2014年文献] 非特異的な心電図所見(電気軸,構造,再分極の異常)をもつ人では,心血管疾患死亡リスクが高い

・2015.10.30
[2008年文献] 高血圧の家族歴は本人の脳卒中死亡リスクと有意に関連するが,脳卒中家族歴は関連せず



▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | HAAS(ホノルルアジア老化研究) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.