遺伝子やアルブミン尿に注目した新しい地域疫学研究
場所 山形県東置賜郡高畠町
高畠町地図
対象 40歳以上の住民(健診受診者)
登録数 3165人
開始年 2004年
調査項目 身長,体重,血圧,総コレステロール,HDL-C,トリグリセリド,ヘモグロビン,血中総蛋白,空腹時血糖,HbA1c,血中尿酸,血清クレアチニン(酵素法),抗核抗体(ANA),尿中アルブミン(免疫比濁法),尿中クレアチニン,尿蛋白(試験紙法),推定糸球体濾過値(GFR),尿中ナトリウム排泄,尿中カリウム排泄,尿中β2-ミクログロブリン,飲酒,喫煙,疾患既往歴,臨床症状,服薬状況,疾患家族歴など
参考 Kidney Int. 2006; 70: 751-6. pubmed

日本学術振興会 21世紀COEプログラム 採択拠点一覧<医学系>: 地域特性を生かした分子疫学研究
http://www.jsps.go.jp/j-21coe/03_saitaku/pdf/f_igaku/f03.pdf

21世紀COEプログラム 平成15年度採択拠点事業結果報告書
http://www.jsps.go.jp/j-21coe/08_jigo/data/jigo_kekka/F03.pdf

山形大学広報誌「みどり樹」 第18号(2003年): 6~7.
http://www.yamagata-u.ac.jp/html/midorigi/mid_18.pdf
 高畠研究は,山形大学により山形県東置賜郡高畠町で行われている地域コホート研究。生活習慣と遺伝的素因の両方を考慮し,1人1人にあったテーラーメード医療の基礎を確立することを目的として,遺伝子多型データおよび微量アルブミン尿やGFRでみた腎機能と生活習慣病との関連について,ひろく検討を行っている。

 山形大学では,舟形スタディをはじめとして,これまでにも長期間にわたり住民健診ベースの地域コホート研究を行ってきた。そのなかで蓄積されてきた精度の高いデータをさらに発展させるために総合的な地域密着型の疫学研究プログラムが開始され,「地域特性を生かした分子疫学研究」として文部科学省の21世紀COEプログラムにも採用された。高畠研究はその一環である。これまでに築かれてきた住民との信頼関係を大切にし,遺伝子についても1人1人に時間をかけてていねいに説明した。また,山形大学の3つの内科系講座,眼科,婦人科が連携するという学際的な研究体制も大きな特徴といえる。

 高畠研究で注目される検討項目に,心血管疾患リスクとの関連が指摘されている微量アルブミン尿がある。結果の1つとして得られたのが,高畠町住民におけるアルブミン尿(微量アルブミン尿+顕性アルブミン尿)の陽性率が約20 %という数字。欧米(10~13 %)にくらべて高いことが示され,臨床現場にインパクトを与えた。また,GFR低下を示す人も約20 %と高率にみとめられた。ただしアルブミン尿とGFR低下の両方を示す人の割合は低く,どちらか一方のスクリーニングでは早期腎機能障害を見逃してしまう可能性を示唆する結果となった。



▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.