ハワイに在住する日系人男性において,複数の危険因子と冠動脈心疾患(CHD)および脳卒中との関連を検討し,生活習慣の欧米化により疾病構造も欧米化することを示した。
場所 ハワイのオアフ島
(8つの島からなるハワイ諸島の中で3番目に大きな島で,ハワイ州の州都ホノルルがある)
ハワイ地図
開始年 1965年
対象 1885~1924年,主に本州,九州から多くの日本人がハワに移住した。その移民のうち第二次世界大戦の軍人登録されていた男性から抽出した。
1900~1919年生まれ,1965年の時点でオアフ島に在住していた45~68歳の日系人男性でCHDを有していない7705人。
■ベースライン時背景: 年齢:45~49歳1777人;50~54歳2702人;55~59歳1532人;60~64歳1267人;65~68歳427人,血圧130.7/82.0mmHg,≧160/95mmHg以上の高血圧16.7%,総コレステロール219.4mg/mL,≧260mg/mLの高コレステロール血症13.4%,喫煙例46.4%:1箱/日以下27.2%;>1箱/日19.2%。
検査項目 ベースライン時の検査は1965~1968年に実施。
人口統計学,ライフスタイル,社会文化的および医療情報の聞き取りに,標準的質問票を使用した。平均血圧は3回の測定から求め,12誘導心電図,努力性肺活量,BMI,飲酒量(月ごとの総エタノール[mL]),身体活動,50gOGTT,総コレステロール・トリグリセリド・尿酸・血糖・ヘマトクリット(血清を冷凍しサンフランシスコにあるPublic Health Service Heart Disease Control Program研究室に輸送し測定した)。
参考 Am J Epidemiol. 1984; 119: 653-66.pubmed

心血管には環境因子による影響が遺伝的因子によるものを凌ぐことを示した。
環境因子が疾病構造に与える影響を浮き彫りにしたホノルル心臓研究から,日本本土の疾病構造の近未来像をうかがうことができる。



▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.