家庭血圧値をガイドラインに導入させた世界的研究

大迫町景観

雪をかぶった早池峰山(はやちねさん)と大迫町。
写真左端付近に大迫保健センターがある

場所 岩手県花巻市大迫町(旧:稗貫郡大迫町,2006年に花巻市に合併)
(人口6687人:2006年3月末現在,花巻市統計資料)
大迫町地図
対象 大迫町在住の住民。
検査項目 家庭血圧(7歳以上),24時間血圧(20歳以上),随時血圧。頭部MRI,フィブリノーゲン,頸動脈エコー,身長・体重,ヘモグロビンA1c,ミニメンタルテスト,脈波伝播速度,随時血糖,反応時間,生化学一般,リポプロテインA,安静時心電図,末梢血一般,高感度CRP,眼底,血漿レニン,尿中微量アルブミン,生活習慣,パーソナリティー,糖負荷試験,歯科検診,ホルター心電図など
参考 血圧 1999;6: 162-6
日本疫学会2007講演
大迫町・町勢要覧2002
花巻市ホームページ:
http://www.city.hanamaki.iwate.jp/new window open

大迫研究ホームページ:
http://www.cpt.med.tohoku.ac.jp/Ohasama.htmlnew window open

 宮沢賢治の詩によまれた早池峰山の登山口でもある大迫町は,民話の里,遠野の北に位置している。イーハトーブの典型のような町だ。

 総面積246平方kmに6687人(2006年時点)がすんでいる。農業では米,野菜以外に果樹栽培も盛んであるが,近年農家以外の収入が50%を超える第二種兼業農家の比率が高くなっている(大迫町・町勢要覧2002)。

 この町で,家庭血圧,24時間血圧を主眼とした大迫研究が始まったのは1986年。当時,家庭血圧値の研究に興味を持っていた,東北大学・今井潤(ゆたか)氏と,住民の健康意識の向上をはかりたい大迫病院院長であった永井謙一氏との会話のなかから生まれた(血圧 1999;6: 162-6)。

 大迫研究の最大の特徴は家庭血圧,24時間血圧の測定とその予後予測能の報告である。現在ではこの研究に登録している住民ひとりひとりにIC付きの家庭血圧計が配られ,家庭血圧がはかられているが,この研究の報告や欧米のデータから,日本高血圧学会の「高血圧治療ガイドライン2004」や「2003年欧州高血圧学会/欧州心臓病学会高血圧治療ガイドライン」において家庭血圧における高血圧の基準値を135mmHg / 85mmHgとしている(ちなみに,self measurement of blood pressure at homeに対して家庭血圧測定という訳語がつけられたとき,大迫の保健師の浅沼裕子氏は喜んだという。自分ではかる血圧ではなく,家庭で,家族で血圧を測るという意味合いが欲しかったからだ)。

 現在,大阪大学と共同で遺伝子研究にも着手しており,これまでに積み重ねてきた家庭血圧値や24時間血圧のデータとの組み合わせから,あらたな報告が期待される。
写真:大迫研究のための各装置・計器、受付や診察の様子


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | HAAS(ホノルルアジア老化研究) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.