[2003年文献] 1960~80年代,脳梗塞および脳出血の死亡率は減少したが,くも膜下出血および冠動脈疾患は変化なし

脳卒中の発症率および死亡率は1960~70年代にかけて大きく減少したが,1980~90年代にかけては減少の度合いが小さくなっていた。病型別にみると,脳梗塞および脳出血の死亡率は減少していたが,くも膜下出血では有意な変化はみとめられなかった。冠動脈疾患についても有意な変化はみとめられなかったが,高齢者では増加がみとめられた。これらの結果の背景には,不十分な血圧管理や,増加している代謝障害の影響があると考えられる。

Kubo M, et al: Trends in the incidence, mortality, and survival rate of cardiovascular disease in a Japanese community: the Hisayama study.Stroke 2003; 34: 2349-54.pubmed

コホート
脳卒中あるいは心筋梗塞の既往のない40歳以上の3つの集団について,各々12年間追跡。第1集団は1961年に未発症の1618例(追跡率99.9 %,剖検率81.6 %),第2集団は1974年に未発症の2038例(追跡率99.9 %,剖検率86.2 %),第3集団は1988年に未発症の2637例(追跡率99.9 %,剖検率75.5 %)。
結 果
男女共に,高血圧の割合はコホート間で差が見られなかったが,降圧薬服用の割合は経時的に増加した。
重度の高血圧(ステージ2,3)は減少したが,軽度の高血圧(ステージ1)は男女ともに増加した。

脳梗塞の発症率は,第1から第2集団にかけて男性で有意に37 %減少,女性でも32 %減少した。第2から第3集団にかけては,男性で29 %減少したが,女性では減少に歯止めがかかった。
脳出血の発症率は,第1から第2集団にかけて男性で61 %と急激に減少したが,女性では変化なし。第2から第3集団にかけては,男女共に変化しなかった。
冠動脈疾患の発症率は,変化しなかった。
心血管疾患の発症率
男性 女性
第1集団 第2集団 第3集団 第1集団 第2集団 第3集団
脳卒中 全脳卒中 1210 631* 529 * 598 447 388 *
脳梗塞 801 506 * 357 * ** 450 304 * 260 *
脳出血 321 125 * 130 * 63 73 70
くも膜下出血 59 0 42 70 70 58
冠動脈疾患 340 392 348 113 133 181
発症率 / 10万人・年 * P<0.05 vs. 第1集団 ** P<0.05 vs. 第2集団

脳卒中による死亡率は,持続的に減少した。これは,脳梗塞と脳出血の発症率の減少,および生存率の有意な上昇によるもの。
一方で,冠動脈疾患の発症率および死亡率は,高齢層での発症率増加を除き,変化しなかった。
心血管疾患の死亡率
男性 女性
第1集団 第2集団 第3集団 第1集団 第2集団 第3集団
脳卒中 全脳卒中 634 232 * 138 * 286 162 * 102 * **
脳梗塞 268 147 * 68 * ** 159 84 * 45 * **
脳出血 283 77 * 30 * 61 32 29
くも膜下出血 56 0 40 44 45 27
冠動脈疾患 87 92 111 66 51 39
死亡率 / 10万人・年 * P<0.05 vs. 第1集団 ** P<0.05 vs. 第2集団


以上のように,脳卒中の発症率および死亡率は1960~70年代にかけて大きく減少したが,1980~90年代にかけては減少の度合いが小さくなっていた。病型別にみると,脳梗塞および脳出血の死亡率は減少していたが,くも膜下出血では有意な変化はみとめられなかった。冠動脈疾患についても有意な変化はみとめられなかったが,高齢者では増加がみとめられた。これらの結果の背景には,不十分な血圧管理や,増加している代謝障害の影響があると考えられる。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.