[2008年文献] QT間隔は上腕-足首脈波伝播速度(baPWV)と相関

QT間隔と上腕-足首脈波伝播速度(baPWV)との関連について,心血管疾患を有さない地域住民を対象に検討したはじめての研究である。断面解析の結果より,男女とも,baPWVはQT間隔と有意に相関することが示された。この関連は古典的な危険因子による調整を行っても変わらなかったことから,無症候性動脈硬化とQT間隔との独立した関連が示唆される。

Maebuchi D, et al. Arterial stiffness and QT interval prolongation in a general population: the Hisayama study. Hypertens Res. 2008; 31: 1339-45.pubmed

コホート
2002年および2003年に健診を受診した40歳以上の久山町住民3,328人(対象年齢人口の77.6 %)のうち,上腕-足首脈波伝播速度(baPWV)または心電図データがない242人,末梢動脈疾患疑い(足関節上腕血圧比[ABI]0.9未満)の54人,心房細動または心室内伝導障害(QRS間隔>120 ms)の189人,心拍数が1分あたり100超の30人,空腹時に採血しなかった22人,QT間隔に影響する薬剤を服用していた16人,心血管疾患既往を有する111人,および参加を拒否した30人を除いた2,666人(断面解析)。
男性1,089人,女性1,577人。

baPWV(cm/s)により,全体を以下のように四分位に分けて解析を行った。
   男性: 1,369以下,1,370~1,560,1,561~1,840,1,841以上
   女性: 1,269以下,1,270~1,493,1,494~1,821,1,822以上

心電図から測定したQT間隔は,Bazettの式を用いて心拍数による補正を行い,QTcとして解析を行った。
結 果
◇ 対象背景
QTc(補正QT間隔)の平均は,男性401.7 ms,女性411.7 ms。

上腕-足首脈波伝播速度(baPWV)が高いグループでは,年齢が高く,高血圧,脂質異常症,糖尿病,肥満,アルコール摂取量が多い傾向がみとめられた。一方,喫煙率はbaPWVと負の関連を示した。

◇ baPWVとQTcの関連
baPWVの四分位間でQTcを比較した結果,男女とも,年齢調整したQTcはbaPWVレベルと直線的に相関した。
各四分位におけるQTc(ms)は以下のとおり。
   男性: 396.7,401.4,403.2,405.6 (P for trend<0.0001)
   女性: 405.7,409.9,413.8,417.8 (P for trend<0.0001)
この結果は,多変量調整を行っても同様だった(P for trend<0.0001)。

◇ 層別化解析の結果
baPWVとQTcとの関連に性差がみられなかったことから,男女をまとめたうえで,高血圧,脂質異常症,糖尿病,肥満,心電図異常,アルコール摂取,喫煙に関して層別化解析を行った。
その結果,いずれの項目についても,baPWVとQTcとの関連に異質性はみとめられず,有意な相互作用もみとめられなかった(P for interaction>0.05)。
さらに,心血管疾患危険因子(高血圧,脂質異常症,糖尿病,肥満,心電図異常,アルコール摂取,喫煙)の保有数(0~1個,2~3個,4~7個)ごとにbaPWVとQTcとの関連を検討した結果,いずれのグループにおいても有意な相関関係がみとめられた。


◇ 結論
QT間隔と上腕-足首脈波伝播速度(baPWV)との関連について,心血管疾患を有さない地域住民を対象に検討したはじめての研究である。断面解析の結果より,男女とも,baPWVはQT間隔と有意に相関することが示された。この関連は古典的な危険因子による調整を行っても変わらなかったことから,無症候性動脈硬化とQT間隔との独立した関連が示唆される。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.