[2003年文献] 空腹時血糖値は脈波速度,年齢,SBPと強く相関

Ohnishi H, et al. Pulse wave velocity as an indicator of atherosclerosis in impaired fasting glucose: the Tanno and Sobetsu study. Diabetes Care. 2003; 26: 437-40.pubmed

コホート
2000年の検診を受けた男性232人(平均年齢65.2歳)。
空腹時血糖値より正常(<110mg/dL)群:185人;平均年齢64.7歳,空腹時血糖異常(耐糖能障害:IFG:110~125mg/dL)群:24人;65.6歳,糖尿病(≧126mg/dL,,血糖降下薬使用)群:23人:69.2歳に層別。
結 果
・対象背景で正常群に比べ有意差がみられたのは糖尿病群の年齢の他に,BMI:IFG群25.0kg/m2 vs 23.3kg/m2,収縮期血圧(SBP):IFG群138.5mmHg vs 129.6mmHg,空腹時血糖値:IFG群115.5mg/dL,糖尿病群143.4mg/dL vs 94.6mg/dL,HbA1c:IFG群5.6%,糖尿病群6.6% vs 5.0%,総コレステロール:糖尿病群200.7mg/dL vs 186.4mg/dL。

・血糖値の増加に伴い脈波速度(baPWV)も上昇。
baPWVは正常群(1518cm/s),IFG群(1673cm/s)間,糖尿病群間(1771cm/s)に有意差がみられた(それぞれp=0.01,p<0.0001)。
・多変量解析によると,空腹時血糖値はbaPWV,年齢,SBPと強く相関した。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.