[2006年文献] 中心性(腹部)肥満は2型糖尿病発症と強く相関

Ohnishi H, et al. Incidence of type 2 diabetes in individuals with central obesity in a rural Japanese population: The Tanno and Sobetsu study. Diabetes Care. 2006; 29: 1128-9.pubmed

コホート
1994,2003,2004年の検診を受けた住民から,血圧,腹囲のデータのないもの,2型糖尿病(空腹時血糖値≧126mg/dL,糖尿病治療)を除外した男性348人,女性523人。

中心性肥満の定義は国際糖尿病連盟(International Diabetes Federation: IDF)の新基準(腹囲:男性≧85cm,女性≧90cm),肥満は日本肥満学会の基準BMI≧25kg/m2に拠った。
結 果
・中心性肥満群は173人,非中心性肥満(正常)群は654人。2003,2004年の検診で新規糖尿病発症率は,中心性肥満群27例(15.6%),正常群38例(5.8%)で,中心性肥満群の方が有意に高かった(p<0.0001)。
中心性肥満を含む肥満全体(236人)でみた場合も,肥満群12.7%で正常体重群5.9%より有意に高かった(p<0.0001)。

・ロジスティック回帰分析によると,年齢,性,収縮期血圧,総コレステロール,喫煙で補正後の2型糖尿病発症の相対リスクは中心性肥満2.59,全肥満2.06。
さらに全肥満を加えて補正しても中心性肥満は有意な予測因子であったが,中心性肥満を加えて補正した場合,全肥満は有意ではなくなった。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.