[1985年文献] 食事が西洋化した1977~1983年,高脂血症,肥満は脳梗塞の発症とは相関しなかった

Tanaka H, et al: Epidemiologic studies of stroke in Shibata, a Japanese provincial city: preliminary report on risk factors for cerebral infarction.Stroke 1985; 16: 773-80.pubmed

コホート
40歳以上の脳卒中既往のない2,299人(男性960人,女性1,339人)。
1977年7月~1983年12月の6.5年間追跡。
結 果
・脳卒中の発症は63例,うち脳梗塞34例,脳出血10例,くも膜下出血6例,病型不明13例。
・脳梗塞の有意な危険因子は年齢,高血圧(収縮期血圧≧152mHgの標準化罹患比[standardized person-year incidence ratio: SIR]1.76,リスク比[RR]2.23),拡張期血圧≧90mmHgのSIR 2.50,RR 3.21),ECG上の高振幅R波(SIR 1.98,RR 2.44)およびST-T変化(SIR 1.80,RR 2.22),アルブミン尿(SIR 2.41,RR 2.77)であった。
年齢別脳梗塞発症
年齢 (歳)
40-49 50-59 60-69 70-
参加人数(人) 男性 326 282 229 123 960
女性 417 398 309 215 1339
脳梗塞の発症例数(例) 男性 2 0 7 7 16
女性 2 2 3 11 18
脳梗塞の発症率 (/1000人・年) 男性 1.05 0 5.33 11.69 2.93
女性 0.81 0.85 1.69 9.78 2.34


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.