[2002年文献] 3歳児の肥満と有意な関連を示したのは両親の肥満,および睡眠

就学前幼児において,両親の肥満および短い睡眠時間が肥満の危険因子である可能性が示唆された。

Sekine M, et al: Parental obesity, lifestyle factors and obesity in preschool children: results of the Toyama Birth Cohort study.J Epidemiol 2002; 12: 33-9.pubmed

コホート
1989年4月2日~1990年4月1日に出生した3歳児10177例のうち,身体測定に参加しなかった503例,両親の身体測定データが得られなかった199例,データが不十分だった534例を除いた8941例(男児4590例,女児4351例)。
平均年齢は3.4歳。
結 果
3歳児の肥満は,父親および母親の肥満と有意な関連を示した。父親の肥満のオッズ比は1.74(vs. 正常,95%信頼区間1.42-2.06),母親の肥満のオッズ比は2.62(vs. 正常,2.12-3.25)。
1~2時間の外遊び例では,肥満のオッズ比が0.79(vs. 30分未満,0.64-0.99)と低くなった。
7時前の起床,および短い睡眠時間も,肥満と有意な関連を示した
有意な関連がなかったのは,朝食を抜くこと,間食,間食の頻度,就寝時刻,および昼寝時間。

多変量解析後による,10~11時間睡眠のオッズ比は1.20(0.97-1.49 vs. 11時間以上),9~10時間睡眠では1.34(1.05-1.72),9時間以下睡眠では1.57(0.90-2.75)。
これらの結果は,就学前幼児において,両親の肥満および短い睡眠時間が肥満の危険因子である可能性を示唆するもの。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.