[2007年文献] 喫煙者よりも禁煙者,禁煙者よりも喫煙未経験者のほうが平均余命が長い

日本全国から無作為に抽出した30歳以上の一般住民を対象としたコホート研究において,喫煙状況(喫煙未経験/禁煙/喫煙)と平均余命との関連を検討した。19年間の追跡の結果,多くの年齢層において,喫煙者よりも禁煙者,禁煙者よりも喫煙未経験者のほうが平均余命が長い傾向がみられた。日本の平均寿命はすでに世界でもっとも高いが,喫煙率を低下させることにより,さらに2~3年延びる可能性がある。

Murakami Y, et al. Life expectancy among Japanese of different smoking status in Japan: NIPPON DATA80. J Epidemiol. 2007; 17: 31-7.pubmed

コホート
NIPPON DATA80
無作為抽出された国内300地区に住み,1980年の第3次循環器疾患基礎調査に登録された30歳以上の10546人のうち,追跡不可能となった908人,ベースライン時の喫煙に関するデータに不備があった13人を除いた9625人(男性4237人,女性5388人)を19年間追跡(1980~1999年)。
結 果
ベースライン時の喫煙率は,男性62.9%,女性8.8%。
喫煙状態ごとの平均余命(年)は以下のとおり。

◇ 男性
40歳 [全体]39.5,[喫煙未経験]42.1,[禁煙]40.4,[喫煙]38.6
50歳 [全体]30.2,[喫煙未経験]32.6,[禁煙]30.9,[喫煙]29.4
60歳 [全体]21.5,[喫煙未経験]23.8,[禁煙]22.1,[喫煙]20.7
70歳 [全体]13.6,[喫煙未経験]14.9,[禁煙]13.8,[喫煙]13.1
80歳 [全体] 7.5,[喫煙未経験] 7.7,[禁煙] 7.6,[喫煙] 7.4

◇ 女性
40歳 [全体]45.4,[喫煙未経験]45.6,[禁煙]45.9,[喫煙]43.4
50歳 [全体]35.8,[喫煙未経験]36.0,[禁煙]35.9,[喫煙]33.9
60歳 [全体]26.6,[喫煙未経験]26.8,[禁煙]25.9,[喫煙]25.2
70歳 [全体]17.9,[喫煙未経験]18.0,[禁煙]17.5,[喫煙]16.9
80歳 [全体]10.6,[喫煙未経験]10.5,[禁煙]11.9,[喫煙]11.3

また,男性について喫煙箱数ごとに平均余命を調べた結果,50歳未満の年齢層においては平均余命が1日1箱未満>1日1~2箱>1日2箱以上であったが,50歳以上の年齢層では,1日1~2箱の人の平均余命がもっとも長いという値が示された。

◇ 結論
日本全国から無作為に抽出した30歳以上の一般住民を対象としたコホート研究において,喫煙状況(喫煙未経験/禁煙/喫煙)と平均余命との関連を検討した。19年間の追跡の結果,多くの年齢層において,喫煙者よりも禁煙者,禁煙者よりも喫煙未経験者のほうが平均余命が長い傾向がみられた。日本の平均寿命はすでに世界でもっとも高いが,喫煙率を低下させることにより,さらに2~3年延びる可能性がある。

この論文の解析はベースライン時の喫煙状態が19年間で変化しなかったことを前提としており,喫煙未経験者が喫煙を開始したり,喫煙者が禁煙したりといった変化が結果に影響している可能性がある。それにもかかわらず以上の結果が得られたことは,日本人の平均余命に対する喫煙の影響をあらためて示していると著者らは述べている。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.