[2003年文献] 血圧の上昇は脳卒中死,心血管死,全死亡と有意に相関

Lida M, et al.; Nippon Data 80 Research Group. Impact of elevated blood pressure on mortality from all causes, cardiovascular diseases, heart disease and stroke among Japanese: 14 year follow-up of randomly selected population from Japanese -- Nippon data 80. J Hum Hypertens. 2003; 17: 851-7.pubmed

コホート
NIPPON DATA80
追跡期間14年。観察人・年は男性53948,女性70932。
追跡率91.4%で,60歳以上(92.4%)に比べ,30~59歳(90.1%)は有意に低かった(p<0.05)。
結 果
・血圧を6分位(至適:<120/80mmHg,正常:<130/85mmHg,正常高値:<140/90mmHg,軽度高血圧:<160/100mmHg,中等度高血圧:<180/110mmHg,重度高血圧:収縮期血圧≧180mmHgあるいは拡張期血圧≧105mmHg)に層別すると最も多いのは,男女とも軽度高血圧(<160mmHg/100mmHg)。

・全死亡は重度高血圧群で男性1406/10000人・年,女性1327/10000人・年。
血圧は脳卒中死,心血管死,全死亡と有意に相関し(男性p<0.001),女性では心血管疾患死(p=0.005),脳卒中(p=0.004)が有意な相関。心疾患死は男性では血圧と有意な相関がみられたが,女性ではみられなかった。

年齢調整後の心血管死,心疾患死,脳卒中死の割合(/10000人・年)は血圧の上昇に伴い増加した。
至適血圧(<120/80mmHg)と比較した年齢調整後の心血管死の相対リスクは,正常血圧(男性2.80,女性1.73),正常高値血圧(3.97,0.92),軽度高血圧(3.88,1.82),中等度高血圧(6.65,2.17),重度高血圧(7.66,3.22);男性p<0.001,女性p=0.005,心疾患死はそれぞれ(5.25,1.62),(6.38,0.87),(7.68,1.23),(19.27,1.94),(32.28,1.87);男性p=0.024,女性p=0.24,脳卒中死は(1.36,3.00),(2.62,1.28),(2.27,3.48),(3.70,3.28),(4.69,6.06);男性p<0.001,女性p=0.004。

至適血圧と比較した推定過剰脳卒中死は男性130%,女性42%。相対リスクは重度高血圧が最も高かったものの,重度高血圧の割合は男性5.6%,女性4.0%と少ない。従って,推定過剰脳卒中死は主に軽度高血圧での発生であった(男性48%,女性16%)。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.