[2004年文献] 血清アルブミン低値+総コレステロール高値で死亡リスクが上昇する

欧米人以外のコホートで血清アルブミン値と死亡リスクとの関連を検討したはじめての研究である。日本人一般住民を対象とした前向きコホート研究において,「総コレステロール値が低い人種においても,血清アルブミン値は死亡リスクの予測因子であり,その関連のしかたは血清総コレステロール値によって異なる」という仮説を検証した。13.7年間の追跡の結果,臨床的にはそれぞれ正常範囲内の値であっても,アルブミン低値と総コレステロール高値をあわせもつと,全死亡リスクが高くなることが示された。

Okamura T, et al: A combination of serum low albumin and above-average cholesterol level was associated with excess mortality. J Clin Epidemiol. 2004; 57: 1188-95.pubmed

コホート
NIPPON DATA80。
無作為抽出された国内300地区に住み,1980年の第3次循環器疾患基礎調査に登録された30~59歳の7894人のうち,脳卒中または心疾患既往のある123人,ベースライン時データが不足していた131人,追跡不可能となった683人を除いた6957人(男性3062人,女性3895人)を1994年まで平均13.7年追跡した(95175人・年)。

ベースライン時の血清アルブミン値により,全体を以下のように3群に分けて解析を行った。
   男性
    低値群: 43 g/L以下(806人),中間値群: 44-46 g/L(1382人),高値群: 47 g/L以上(874人)
   女性
    低値群: 42 g/L以下(1001人),中間値群: 43-45 g/L(1995人),高値群: 46 g/L以上(899人)
結 果
ベースライン時の血清アルブミン値と有意な相関を示したのは,総コレステロール,収縮期血圧,拡張期血圧,BMI(男性のみ),高脂血症の割合,高血圧の割合(女性のみ)で,有意な逆相関を示したのは年齢,血糖(男性のみ)だった。

死亡は318人(男性191人,女性127人)。
心血管疾患(CVD)による死亡は85人で,うち冠動脈疾患死が18人,脳卒中死が36人だった。癌による死亡は143人。

男性では,血清アルブミン低値群の全死亡リスクが有意に高くなった(相対危険度1.95 vs. 高値群,95%信頼区間1.19-3.19,P=0.01)が,CVD死亡,およびCVDの各疾患による死亡(冠動脈疾患死亡,心疾患死亡,脳卒中死亡)リスクでは有意差は見られなかった。
血清アルブミン値が2.6 g/L(1 SD)上昇した場合の全死亡の相対危険度は0.72(95 %信頼区間0.61-0.84,P<0.01)。
女性では,いずれの死亡リスクにおいても,アルブミンとの有意な関連はなかった。

さらに,総コレステロールの中央値(男性185 mg/dL,女性184 mg/dL)により,全体を中央値未満の低値群,および中央値以上の高値群に分け,それぞれについてアルブミンと死亡リスクとの関連を調べた。結果は以下のとおり。
・ 総コレステロール高値群-男性: アルブミンと全死亡リスクは逆相関した。全死亡の相対危険度(vs. アルブミン高値群)は,中間値群で2.37(95 %信頼区間1.13-4.97,P=0.02),低値群で3.37(1.53-7.42,P<0.01)で,アルブミンが2.6 g/L(1 SD)上昇した場合の全死亡の相対危険度は0.68(0.53-0.87,P<0.01)となった。また,CVD死亡についても,アルブミン低値群で有意なリスク上昇が見られた(相対危険度5.04 vs. 高値群,P=0.04)。各疾患の内訳をみると,心疾患死亡リスクについて,アルブミン低値群で有意な上昇が見られた(相対危険度8.94,1.01-78.7)が,脳卒中死亡では有意な関連は見られなかった。冠動脈疾患死亡については,数が少なかったため解析を行わなかった。
・ 総コレステロール高値群-女性: アルブミンと全死亡リスクは逆相関した。アルブミンが2.4 g/L(1 SD)上昇した場合の全死亡の相対危険度は0.81(0.68-0.98,P=0.03)。CVD死亡とアルブミンとの有意な関連は見られなかった。
・ 総コレステロール低値群-男性: アルブミンが2.6 g/L(1 SD)上昇した場合の全死亡の相対危険度は0.77(0.62-0.94,P=0.01)と有意に減少したが,この有意性は肝臓疾患死亡による補正後に消失した。CVD死亡とアルブミンとの有意な関連は見られなかった。
・ 総コレステロール低値群-女性: 全死亡リスクおよびCVD死亡リスクとアルブミンとの有意な関連は見られなかった。

本報は,欧米人以外における血清アルブミン値と死亡リスクとの関連を検討した初めての研究である。日本人において,アルブミン低値と総コレステロール高値を併発していると全死亡リスクが上昇することが示された。この背景にあるメカニズムや総コレステロールとの関係を明らかにするため,より踏み込んだ研究がのぞまれる。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.