[2002年文献] BMIと全死亡リスクはU字型の相関を示したが,心血管疾患死ではBMI低値例のリスクが減少

40~59歳の日本人一般住民を対象とした大規模前向きコホート研究において,BMIと全死亡リスクの関連について検討した。10年間の追跡の結果,BMI低値と高値のいずれでも早期死亡のリスクが高いという,U字型の関連がみとめられた。

Tsugane S, et al. Under- and overweight impact on mortality among middle-aged Japanese men and women: a 10-y follow-up of JPHC study cohort I. Int J Obes Relat Metab Disord. 2002; 26: 529-37.pubmed

コホート
1990年1月1日時点で対象4保健所の管轄下14行政区内に居住していた40~59歳の54498例のうち,癌,脳血管疾患,心筋梗塞または慢性肝疾患の既往がなく,かつアンケートによる調査結果および身長・体重についてのデータが得られた40815例(男性19500例,女性21315例)を10年間追跡(男性188569人・年,女性209016人・年)。
地域ごとの参加者数は以下のとおり。
   ・岩手県二戸保健所: 男性6022例,女性6269例
   ・秋田県横手保健所: 男性7559例,女性8223例
   ・長野県佐久保健所: 男性6173例,女性6046例
   ・沖縄県石川保健所: 男性7309例,女性6897例
結 果
全体を,BMI(kg/m2)により(1) 14-18.9,(2) 19-20.9,(3) 21-22.9,(4) 23-24.9,(5) 25-26.9,(6) 27-29.9,(7) 30以上の7つのカテゴリーに分けて解析を行った。
◆人数 (例)
男女とも,半数以上の例がBMI 21~25の範囲に含まれた。30以上だったのは男性の2.1%,女性の3.2%。
   (1) 671  (1030)
   (2) 2819 (3201)
   (3) 5055 (5585)
   (4) 5507 (5316)
   (5) 3367 (3380)
   (6) 1679 (2129)
   (7) 402  (674)

◆喫煙率 (%)
喫煙率は男女ともBMIと逆相関の傾向を示した。この傾向は特に男性で顕著だった。
   (1) 66.1 (10.2)
   (2) 64.5 (7.2)
   (3) 57.1 (5.2)
   (4) 50.2 (4.4)
   (5) 47.3 (5.1)
   (6) 43.0 (5.9)
   (7) 43.0 (7.9)

◆高血圧治療例の割合 (%)
高血圧とBMIは,密接な相関傾向を示した。
   (1) 8.5 (5.1)
   (2) 9.8 (7.0)
   (3) 11.9 (9.9)
   (4) 15.0 (13.5)
   (5) 19.2 (17.5)
   (6) 21.7 (24.2)
   (7) 26.0 (30.6)

死亡したのは1426例(男性943例,女性483例)。癌による死亡がもっとも多く,男性の41%,女性の49%を占めた。心血管疾患は男性25%,女性23%であった。

男女とも,全死亡率とBMIの相関はU字型を示し,BMI23-24.9のカテゴリー(4)で最低となった。
心血管疾患死亡のみについて見ると,男女とも,全死亡にくらべてBMIが低い(1)・(2)・(3)のカテゴリーにおける相対リスクの増加度は小さかった。

男性のカテゴリーごとの心血管疾患死亡の相対リスク(95%信頼区間)は以下のとおり。
   (1): 1.46 (0.74-2.89)
   (2): 1.44 (0.93-2.25)
   (3): 1.14 (0.76-1.71)
   (4): 1.00 (対照)
   (5): 1.09 (0.68-1.76)
   (6): 1.69 (0.99-2.87)
   (7): 2.03 (0.86-4.82)

女性のカテゴリーごとの心血管疾患死亡の相対リスク(95%信頼区間)は以下のとおり。
   (1): 0.81 (0.29-2.27)
   (2): 0.57 (0.25-1.29)
   (3): 0.87 (0.48-1.59)
   (4): 1.00 (対照)
   (5): 1.13 (0.60-2.12)
   (6): 1.57 (0.81-3.04)
   (7): 2.44 (1.07-5.53)


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.