[2007年文献] 寝つきの悪さは,糖尿病リスクおよびQOLの低さと関連する

健康な日本人の事業所勤務者を対象とした前向きコホート研究において,睡眠時間および睡眠の質と,糖尿病発症リスクとの関連を検討した。4.1年間の追跡の結果,寝つきの悪さは糖尿病の発症リスクと有意に関連していることが示された。また寝つきの悪さ,および眠りの浅さはQOLの低さにも有意に関連していた。

Hayashino Y, et al.; HIPOP-OHP Research group. Relation between sleep quality and quantity, quality of life, and risk of developing diabetes in healthy workers in Japan: the High-risk and Population Strategy for Occupational Health Promotion (HIPOP-OHP) Study. BMC Public Health. 2007; 7: 129.pubmed

コホート
国内の12の事業所のいずれかに勤務する19~69歳の7226人のうち,糖尿病既往がある,または睡眠時間や睡眠の質に関するデータが不足していた717人を除いた6509人を1999~2004年にかけて4.2年間(中央値)追跡。
平均年齢は38.2歳。

睡眠時間や睡眠の質について,自己記入式質問票により以下の項目を調査した。
  ・ 平日の平均睡眠時間(6時間未満/6時間以上~7時間未満/7時間以上~8時間未満/8時間以上)
  ・ 寝つきが悪いと感じることはあるか(たびたび/ときどき/まったくない)
  ・ 眠りが浅いと感じることはあるか(たびたび/ときどき/まったくない)
また,生活の質(quality of life, QOL)についてはSF-36(MOS Short-Form 36-Item Health Survey)調査票を用いて評価を行った。この調査票には8種類の尺度が設けられているが,この研究ではそのうち事業所勤務者で観察可能な「活力」,「心の健康」,「日常役割機能(身体)」,「日常役割機能(感情)」,「全体的健康感」の5つのみを用い,それぞれについて0~100のスコアを算出した。5つの尺度のすべてについて,全体の中央値よりも低いスコアを示した場合,「QOLが低い」と判断した。

追跡期間中の糖尿病の発症の有無は,自己申告,および以下の基準により判断した: (1) 空腹時血糖 126 mg/dL以上,(2) 随時血糖200 mg/dL以上,(3) 血糖降下薬服用。
結果
ベースライン時の平均BMIは22.6 kg/m2
寝つきが悪いと感じることが「まったくない」の人は61.3 %,「ときどき」の人は30.7 %,「たびたび」の人は8.0 %だった。
寝つきの悪さは,糖尿病家族歴,高血圧既往,飲酒量と相関傾向を示し,運動および喫煙とは逆相関傾向を示した。

糖尿病を発症したのは230人。
寝つきの悪さは,糖尿病発症リスクと有意に相関した(P=0.007)。この有意性は,年齢,性別,BMIなどで補正したのちも変わらなかった。各群における補正後の糖尿病発症ハザード比(95 %信頼区間)は以下のとおり。
   「まったくない」 1.00
   「ときどき」 1.42(1.05-1.91)
   「たびたび」 1.61(1.00-2.58)
睡眠時間,および眠りの浅さと糖尿病発症リスクでは有意な関連は見られなかった。

SF-36により生活の質(quality of life, QOL)の評価を行った結果,寝つきの悪さ,および眠りの浅さは,5つの領域のスコア(活力,心の健康,日常役割機能(身体),日常役割機能(感情),全体的健康感)のいずれとも有意に逆相関していた(P<0.001)。

◇ 結論
健康な日本人の事業所勤務者を対象とした前向きコホート研究において,睡眠時間および睡眠の質と,糖尿病発症リスクとの関連を検討した。4.1年間の追跡の結果,寝つきの悪さは糖尿病の発症リスクと有意に関連していることが示された。また寝つきの悪さ,および眠りの浅さはQOLの低さにも有意に関連していた。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.