[2004年文献] 高齢者においてHDL-Cと脳梗塞は逆相関

Curb JD, et al. High density lipoprotein cholesterol and the risk of stroke in elderly men: the Honolulu heart program. Am J Epidemiol. 2004; 160: 150-7.pubmed

コホート
2444人。1991~1993年の検査時に71~93歳。追跡開始時の平均年齢は78歳。
脳卒中(アテローム血栓性脳梗塞,心原性脳塞栓症,脳出血)発症の検討のため1998年末まで追跡。
結 果
・平均HDL-Cは51mg/dL。HDL-C低値(<40mg/dL)は17.8%,中等度(40~59mg/dL)は58.5%,高値(≧60mg/dL)は23.7%。このHDL-C分布において,年齢間に差はなく,HDL-Cと年齢間に相関はなかった。
・脳卒中は137例,うち血栓塞栓症脳梗塞は89例,脳出血は48例。
・HDL-Cは脳出血とは相関しなかったが,アテローム血栓性脳梗塞,心原性脳塞栓症はHDL-Cと逆相関した(p=0.003)。
・HDL-C低値群では高値群に比べ血栓塞栓症脳梗塞発症が約3倍と有意に多かった(10.6/1000人・年 vs 3.6/1000人・年,p=0.001)。
・以上の結果は他の危険因子で調整後も変わらなかったが,最も強い相関がみられたのは,総コレステロール<200mg/dLのもの,高血圧,糖尿病であった。
HDL-Cとアテローム血栓性脳梗塞,心原性脳塞栓症(1991~1998年)
年齢(歳) 対象数(人) HDL-C(mg/dL) 脳梗塞発症
(件数/1000人・年)
件数(例)
<40 40~59 ≧60
71~74 758 137例
(18.1%)
458例
(60.4%)
163例
(21.5%)
2.9 15
75~79 1003 184例
(18.3%)
583例
(58.1%)
236例
(23.5%)
5.9 37
80~84 425 69例
(16.2%)
236例
(55.5%)
120例
(28.2%)
7.7 20
85~93 258 45例
(17.4%)
152例
(58.9%)
61例
(23.6%)
13.1 17
2444 435例
(17.8%)
1429例
(58.5%)
580例
(23.7%)
5.8 89


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.