[2001年文献] 高齢者において総コレステロール低値例の死亡率は高い

Schatz IJ, et al. Cholesterol and all-cause mortality in elderly people from the Honolulu Heart Program: a cohort study. Lancet. 2001; 358: 351-5.pubmed

コホート
3572人。第4回目の検診時(1991~1993年)に脂質値を測定した71~93歳。
死亡の確定は第4回目の検診時から1996年12月末の間に実施。
追跡期間は1972年~1992年の20年間。
結 果
・総コレステロール値(TC)は71~74歳で193mg/dL,75~79歳で190mg/dL,80~84歳で187mg/dL,85歳以上で178mg/dLと,加齢とともに低下する傾向がみられた(p<0.0001)。
・TCの増加と,BMI,HDL-C,高血圧,フィブリノーゲン,ヘモグロビン,握力,第3回目の検診時のTCに有意な正の相関がみられた。

・年齢調整後の死亡率はTC4分位(81~166mg/dL:904人,167~187mg/dL:858人,188~209mg/dL:902人,210~381mg/dL:908人)の第1分位から順に259例(68.3%),173例(48.9%),147例(41.1%),148例(43.4%),相対リスクはそれぞれ1,0.72,0.60,0.65(いずれもp=0.0012 vs 第1分位)。

・Cox比例ハザードモデルによると,第3回目と第4回目の検査時にTC低値例が死亡と有意に相関した(リスク比1.64,95%信頼区間1.13~2.36,p=0.0089)。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.