[1975年文献] 総コレステロール,トリグリセリド,および血糖は, 日本<ホノルル<サンフランシスコ の傾向を示した

総コレステロール,トリグリセリド,血糖および尿酸について比較を行った結果,尿酸を除く因子について,日本<ホノルル<サンフランシスコ という傾向がみられた。この結果は,冠動脈疾患による死亡率の傾向と一致するものである。

Nichaman MZ, et al. Epidemiologic studies of coronary heart disease and stroke in Japanese men living in Japan, Hawaii and California: distribution of biochemical risk factors. Am J Epidemiol. 1975; 102: 491-501.pubmed

コホート
・ 日本コホート: 45~69歳の日本人男性2138人。
・ ホノルルコホート: ハワイ州に住む45~69歳の日系人男性7968人。
・ サンフランシスココホート: カリフォルニア州に住む45~69歳の日系人男性1844人。

ベースライン健診が行われたのは日本1967~1968年,ホノルル1965~1968年,サンフランシスココホート1969~1970年。採血は,ブドウ糖50 gを摂取して1時間後に行われた。
結 果
血液検査により,総コレステロール,トリグリセリド,血糖,尿酸の4つの因子について,3コホート間で比較を行った。

◇ 日本と米国の比較
総コレステロール,トリグリセリド,血糖,尿酸のいずれについても,日本の平均値はホノルルやサンフランシスコよりも低く,その差は特に総コレステロールとトリグリセリドで顕著だった。

◇ ホノルルとサンフランシスコの比較
・ 総コレステロール: ホノルルでサンフランシスコよりも低い傾向があり,50~54歳,55~59歳,65~69歳の年齢層では有意差がみとめられた。
・ トリグリセリド: はっきりとした傾向はみられなかった。
・ 血糖: 若い年齢層では,ホノルルでサンフランシスコよりも低い傾向がみとめられた。
・ 尿酸: ホノルルでサンフランシスコよりやや高い傾向がみとめられた。

以上のように,総コレステロール,トリグリセリド,血糖および尿酸について比較を行った結果,尿酸を除く因子について,日本<ホノルル<サンフランシスコ という傾向がみられた。この結果は,冠動脈疾患による死亡率の傾向と一致するものである。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.