[1979年文献] 脳実質内の動脈硬化および脳梗塞は日本で多く,ウイリス動脈輪の動脈硬化はホノルルで多かった

ウイリス動脈輪の動脈硬化の頻度は,ホノルルのほうが日本よりも高かった,一方,脳実質内の動脈硬化および脳梗塞の頻度は,日本のほうがホノルルよりも高かった。

Mitsuyama Y, et al. Autopsy study of cerebrovascular disease in Japanese men who lived in Hiroshima, Japan, and Honolulu, Hawaii. Stroke. 1979; 10: 389-95.pubmed

コホート
・ 日本コホート: 1965~1971年に死亡し,剖検された日本人男性186人(死亡時年齢45~71歳)。うち184人について,ウイリス動脈輪の動脈硬化進行度を評価した。
・ ホノルルコホート: 1965~1971年に死亡し,剖検された日系人男性253人(死亡時年齢45~71歳)。うち88人について,ウイリス動脈輪の動脈硬化進行度を評価した。
結 果
身長の分布は日本とホノルルでほぼ同等だったが,体重および心重量はホノルルのほうが日本よりも有意に大きかった。

・ 脳出血: 頻度は日本とホノルルで同程度だった。
・ 脳梗塞: 最近の脳梗塞跡の頻度は日本とホノルルで同程度だったが,古い脳梗塞跡の頻度は日本のほうがホノルルよりも有意に高かった(P<0.01)。脳梗塞の頻度は死亡時年齢とともに上昇し,その傾向は両コホートで同様だった。
・ 脳実質内の動脈硬化: 日本のほうがホノルルよりも有意に多かった(P<0.01)。脳実質内の動脈硬化は死亡時年齢とともに進行し,この傾向は両コホートで同様だった。
・ ウイリス動脈輪(脳実質外)の動脈硬化: 年齢調整後の動脈硬化スコアは,ホノルルのほうが日本よりも有意に高かった。ウイリス動脈輪の動脈硬化は死亡時年齢とともに進行し,この傾向は両コホートで同様だった。

以上のように,ウイリス動脈輪の動脈硬化の頻度は,ホノルルのほうが日本よりも高かった,一方,脳実質内の動脈硬化および脳梗塞の頻度は,日本のほうがホノルルよりも高かった。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.