[1996年文献] 25年後の脳卒中死には収縮期血圧,年齢が強い予測因子であるが地域差あり

Menotti A, et al. Twenty-five-year prediction of stroke deaths in the seven countries study: the role of blood pressure and its changes. Stroke. 1996; 27: 381-7.pubmed

コホート
追跡期間は開始から25年。
研究開始時の脳卒中既往率は2.1/1000人(27例/12763人・40~59歳)。
死因は死亡診断書,病院の医療情報,病歴,医師および死亡例の血縁者,あるいは目撃した人のインタビューに拠った。
結 果
・脳卒中の発症が多いのはセルビア(地方),クロアチア,日本(田主丸83例/1000人;牛深107例/1000人)で83~119例/1000人,次いでイタリア,ギリシャ,セルビア(都市部)で44~77例/1000人,少ないのはフィンランド,オランダ,アメリカで36~50例/1000人。

・年齢と血圧が25年間の脳卒中死の強い予測因子である。
比例ハザード回帰係数は収縮期血圧(SBP)1mmHgごとに脳卒中ハザードが0.0232増加(t=14.60),拡張期血圧(DBP)1mmHgごとに0.0409増加した(t=13.41)。
SBP<125mmHg例における最初の10年間の血圧の上昇による15年後の脳卒中死はわずかに減少したが,SBP≧160mmHg例では脳卒中死は最大,140~159mmHgでも増加。しかし125~139mmHgは血圧上昇と脳卒中死に関連はみられなかった。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.