[2008年文献] 1990~2001年にかけ,男女ともに心筋梗塞が増加

日本人では冠動脈疾患が少ないことが知られているが,最近は高齢者など一部の層で増加傾向がみとめられるとの報告もあることから,1990~2001年の12年間における急性心筋梗塞発症率を,地域発症登録研究により調査した。その結果,急性心筋梗塞は男女ともに増加していることが示された。

Rumana N, et al. Trend of increase in the incidence of acute myocardial infarction in a Japanese population: Takashima AMI Registry, 1990-2001. Am J Epidemiol. 2008; 167: 1358-64.pubmed

コホート
滋賀県高島市の住民(2000年度人口55451人)のうち,1990年1月1日~2001年12月31日(12年間)に急性心筋梗塞(確診または疑い)を初発した352人(男性224人,女性128人)。

試験期間を以下のように4つに分けて比較を行った。
   1990~1992年,1993~1995年,1996~1998年,1999~2001年
結 果
◇ 発症の状況
急性心筋梗塞(AMI)発症時の平均年齢は男性67.8歳,女性75.4歳。
発症時年齢が65歳以上だった人が全体の72.4 %を占めた。

◇ 発症率の推移
AMIの年齢調整発症率(10万人・年あたり)は以下のとおり。
   1990~1992年: 39.9 (95 %信頼区間: 29.8-50.0)
   1993~1995年: 48.6 (38.0-59.2)
   1996~1998年: 49.7 (39.5-60.0)
   1999~2001年: 62.6 (51.5-73.7)
年間増加率は7.8 %(95 %信頼区間4.6-11.1)で,有意な増加がみとめられた。
致死的AMI,非致死的AMI,入院を要したAMI,入院を要しなかったAMIのそれぞれについても,有意な増加がみとめられた。

・ 男性
男性におけるAMIの年齢調整発症率(10万人・年あたり)は以下のとおりで,有意に増加していることが示された(期間中における年間増加率7.6 %)。
   1990~1992年: 66.5 (95 %信頼区間: 46.4-86.6)
   1993~1995年: 63.0 (44.4-81.7)
   1996~1998年: 77.0 (56.8-97.13)
   1999~2001年: 100.7 (78.6-122.7)

・ 女性
女性におけるAMIの年齢調整発症率(10万人・年あたり)は以下のとおりで,1990~1992年から1993~1995年にかけて急激な増加がみられたものの,その後は発症率が変動し,期間中における年間増加率は8.3 %と有意であった。
   1990~1992年: 18.7 (95 %信頼区間: 9.8-27.6)
   1993~1995年: 36.9 (24.8-49.1)
   1996~1998年: 30.2 (19.7-40.6)
   1999~2001年: 35.7 (24.7-46.6)


◇ 結論
日本人では冠動脈疾患が少ないことが知られているが,最近は高齢者など一部の層で増加傾向がみとめられるとの報告もあることから,1990~2001年の12年間における急性心筋梗塞発症率を,地域発症登録研究により調査した。その結果,急性心筋梗塞は男女ともに増加していることが示された。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.