[2001年文献] 急性心筋梗塞の発症が多いのは午前中と夜

阪神地区における急性心筋梗塞(AMI)患者の登録研究により,AMI発症時間の日内パターンを検討した結果,朝(8~12時),および夜(20~24時)の2つのピークがみとめられた。朝の発症者には女性および65歳以上の人が多く,夜の発症者には男性,65歳未満の人,飲酒者,喫煙者,および就業者が有意に多かった。飲酒・喫煙する若い勤務者男性では,この研究では検討していない社会経済的因子(残業など)がモーニングサージよりも強く発症に関与し,夜にピークがあらわれている可能性がある。

Kinjo K, et al.; Osaka Acute Coronary Insufficiency Study (OACIS) Group. Circadian variation of the onset of acute myocardial infarction in the Osaka area, 1998-1999: characterization of morning and nighttime peaks. Jpn Circ J. 2001; 65: 617-20.pubmed

コホート
1998年4月~2000年1月の期間に,阪神地区の25の心臓救急病院に発症1週間以内に受診し,以下の3つの基準のうち2つ以上を満たした急性心筋梗塞患者1,609人のうち,発症時刻の明確な記録のない人を除いた1,252人。
   (1) 胸中央部の痛み,絞扼感,圧迫感が30分以上続く
   (2) 心電図の特徴的変化: 2つ以上の胸部誘導または1つ以上の標準誘導における0.1 mV以上のST上昇
   (3) 血清クレアチンキナーゼの上昇(正常値の2倍以上)
結 果
◇ 対象背景
男性76.4 %,65 歳以上50.1 %,肥満(BMI≧25 kg/m2)28.7 %,糖尿病30.8 %,高血圧46.6 %,高脂血症33.6 %,登録時点での喫煙率63.4 %,登録以前の心筋梗塞既往13.7 %,梗塞前狭心症36.3 %,習慣的な飲酒50.1 %,就業率50.2 %。

◇ 急性心筋梗塞(AMI)の日内発症パターン
AMI発症時間の日内パターン(1時間ごとの発症数)は,2つのピークを示した(8時,23時)。
4時間ごとに6つの時間帯に分けたときの発症数は以下のとおりで,8~12時,20~24時の2つの時間帯における有意な発症数増加ピークがみとめられた(*片側二項検定によるP<0.01)。
   0~4時: 168人
   4~8時: 183人
   8~12時: 275人*
   12~16時: 212人
   16~20時: 174人
   20~24時: 240人*

◇ 発症時間ごとの臨床背景
6つの時間帯の発症者背景で有意な差がみとめられたのは,男性の割合,65歳以上の割合,登録時点での喫煙率,習慣的な飲酒,就業率(P<0.05)。

朝のピーク(8~12時)の時間帯に発症した患者では,女性,および65歳以上の人が有意に高かった(片側二項検定によるP<0.05)。

一方,夜のピーク(20~24時)の時間帯に発症した患者では,男性,65歳未満の人,習慣的に飲酒する人が有意に多く,登録時点での喫煙率,就業率も有意に高かった(片側二項検定によるP<0.05)。

◇ 結論
阪神地区における急性心筋梗塞(AMI)患者の登録研究により,AMI発症時間の日内パターンを検討した結果,朝(8~12時),および夜(20~24時)の2つのピークがみとめられた。朝の発症者には女性および65歳以上の人が多く,夜の発症者には男性,65歳未満の人,飲酒者,喫煙者,および就業者が有意に多かった。飲酒・喫煙する若い勤務者男性では,この研究では検討していない社会経済的因子(残業など)がモーニングサージよりも強く発症に関与し,夜にピークがあらわれている可能性がある。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.