[2007年文献] 内膜-中膜肥厚(IMT)は高血圧,仮面高血圧で白衣高血圧よりも有意に大きかった

55歳以上の日本人一般住民を対象とした前向きコホート研究における断面解析により,頸動脈硬化の度合いを,白衣高血圧,仮面高血圧,持続性高血圧,および持続性正常血圧での4つのあいだで比較検討した。その結果,持続性高血圧群および仮面高血圧群における頸動脈の内膜-中膜肥厚度(IMT)は,ともに持続性正常血圧群および白衣高血圧群にくらべて有意に大きかった。プラークの存在リスクについてもIMTと同様の傾向がみられた。以上より,頸動脈硬化の高リスク例を識別するためには,随時血圧は不十分であり,家庭血圧で予測するべきであることが示唆された。

Hara A, et al. Detection of carotid atherosclerosis in individuals with masked hypertension and white-coat hypertension by self-measured blood pressure at home: the Ohasama study. J Hypertens. 2007; 25: 321-7.pubmed

コホート
1998年時点で55歳以上の3077例のうち,入院中,寝たきり,または精神疾患既往のある185例,町外で就労しており自由行動下血圧の測定が困難だった492例,研究への同意が得られなかったか,ベースライン時データが不十分だった1588例を除いた812例。
平均年齢は66.4歳。
全体を正常血圧群,白衣高血圧群,仮面高血圧群,持続性高血圧群の4群に分けて解析をおこなった。分類の基準,および各群に含まれる数は以下のとおり。
   ・持続性正常血圧: 283例(35%),随時血圧140/90mmHg未満かつ家庭血圧135/85mmHg未満
   ・白衣高血圧: 262例(32%),随時血圧140/90mmHg以上かつ家庭血圧135/85mmHg未満
   ・仮面高血圧: 54例(7%),随時血圧140/90mmHg未満かつ家庭血圧135/85mmHg以上
   ・持続性高血圧 213例(26%),随時血圧140/90mmHg以上かつ家庭血圧135/85mmHg以上
結 果
白衣高血圧群の背景は持続性正常血圧と,仮面高血圧例の背景は持続性高血圧と,それぞれ類似していた。

頸動脈の内膜-中膜肥厚度(intima media thickness: IMT)は,持続性高血圧群および仮面高血圧群において,白衣高血圧群,正常高血圧群よりも有意に大きかった(P<0.0001)。
プラークの存在リスクについてもIMTと同様の傾向が見られたものの,各群間の有意差はなかった。
これらの結果は,2回の計測値から求めた平均家庭血圧値および晩の家庭血圧値を用いても変わらなかった。また,降圧薬服用の有無による交互作用はみられなかった。

IMTと有意かつ独立に相関したのは,年齢,BMI高値,高い家庭収縮期血圧,脈圧。
プラークの存在と有意かつ独立に相関したのは,年齢,BMI低値,高い家庭収縮期血圧,糖尿病既往または心血管疾患既往,脈圧。

すなわち,アテローム性頸動脈硬化症の高リスク例を識別するためには随時血圧は不十分であり,家庭血圧で予測すべきであることが示された。


▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.