フラミンガム研究のメッセージは変わらない
-危険因子をコントロールすれば心血管病は予防できる

conclusion2

「危険因子」という用語を生み出し,「マルチプルリスクファクター」の概念を示すなど,注目される知見を発表し続けているFramingham Heart Study(FHS)。
危険因子を是正すれば心血管疾患は予防できるというメッセージは,世界中の臨床に大きな影響を与えた。研究開始から60年が過ぎようとしている今,FHSがみているものは何なのか。過去と比べ何か変化があるのだろうか。
2007年4月,FHSのディレクターであるDaniel. Levy,MDがインタビューに答えてくれた。

質問・構成: epi-c.jp編集委員 上島弘嗣,大橋靖雄,寺本民生,堀正二
翻訳監修: epi-c.jp編集委員 寺本民生

 

  日本のプライマリーケア医に伝えたいこと

  高血圧

  脂質異常症

  メタボリックシンドローム

  慢性腎臓病(CKD)

  新しいトピックス



▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.