高血圧

conclusion2


  Framingham Heart Studyでは,世代ごとに血圧が順調に低下  
「危険因子」という用語を生み出したFramingham Heart Study(FHS)。危険因子を是正すれば心血管疾患を予防できるというメッセージは世界中の臨床に大きな影響を与えた。研究開始から60年が過ぎようとしている今,FHSのディレクターであるDaniel Levy, MDがインタビューに答えてくれた。
(インタビュー: 2007年4月)

―高血圧が冠動脈疾患の危険因子であることを発表してから半世紀近くが経ちましたが,世界的にはいまだに高血圧の有病率,合併率は高い状況です。FHSの第2世代,第3世代で血圧に関して変化がありましたか。

 FHSでは血圧値は世代ごとに下がってきました。米国のほとんどの地域でも同様です。

フラミンガム研究における世代別の血圧

 これは患者が進んで治療を受けるようになったこと,高血圧に対しより厳格な治療を行うようになったことによるものです。一方で,血圧が正常域にある人たちの血圧も30年,50年前と比較して多少下がっている傾向にあります。この傾向は食生活の変化とも関係があると思われます。米国人の食塩摂取量は数十年前と比べわずかに低下しています。米国よりはるかに塩分摂取量の多い日本でも,数十年前に比べると低下したと聞いています。

 またFHSの第3世代は新規イベント発症について検討する十分な観察期間がまだありませんが,オリジナルコホートと第2世代を比較すると,第2世代では心血管疾患罹患率が劇的に減少しています。これは米国全体でみられた傾向と一致するものです。米国全体でもそうですが,1960年代後半から2000年代初めにかけ,心血管疾患死亡率(脳卒中死+心疾患死)は60~70 %低減という驚くべき低下率でした。


 ― Framingham Heart Study 関連文献 (2000年以降) ―

  • 高血圧患者では,ビタミンD欠乏と心血管疾患が関連
    Vitamin D deficiency and risk of cardiovascular disease. Circulation. 2008; 117: 503-11. pubmed
  • 両親とも長寿な場合は高血圧のリスクが低く,フラミンガムリスクスコアの進展が遅かった
    Characteristics of Framingham offspring participants with long-lived parents. Arch Intern Med. 2007; 167: 438-44.pubmed
  • 拡張期高血圧,収縮期高血圧の新規発症の予測因子
    Predictors of new-onset diastolic and systolic hypertension: the Framingham Heart Study. Circulation 2005; 111: 1121-7.pubmed
  • 過体重成人の体重減少と長期の高血圧リスク
    Weight loss in overweight adults and the long-term risk of hypertension: the Framingham study. Arch Intern Med 2005; 165: 1298-303.pubmed
  • うっ血性心不全リスクの予測因子としての収縮期血圧,拡張期血圧,脈圧
    Systolic blood pressure, diastolic blood pressure, and pulse pressure as predictors of risk for congestive heart failure in the Framingham Heart Study. Ann Intern Med 2003; 138: 10-6.pubmed
  • 血清BNP値と血圧値の追跡
    Plasma brain natriuretic peptide levels and blood pressure tracking in the Framingham Heart Study. Hypertension 2003; 41: 978-83.pubmed
  • 肥満,高血圧存在下での低認知機能
    Lower cognitive function in the presence of obesity and hypertension: the Framingham heart study. Int J Obes Relat Metab Disord 2003; 27: 260-8.pubmed
  • 以前の血圧値と心血管疾患のリスク
    Antecedent blood pressure and risk of cardiovascular disease: the Framingham Heart Study . Circulation 2002; 105: 48-53.pubmed
  • 中年の余寿命における高血圧発症リスク
    Residual lifetime risk for developing hypertension in middle-aged women and men: The Framingham Heart Study. JAMA 2002; 287: 1003-10.pubmed
  • 血圧の冠動脈疾患リスクとの相関は加齢によって変化するか
    Does the relation of blood pressure to coronary heart disease risk change with aging? The Framingham Heart Study. Circulation 2001; 103: 1245-9.pubmed
  • 中年期の血圧上昇は老年における脳卒中のリスクを上昇させる
    Elevated midlife blood pressure increases stroke risk in elderly persons: the Framingham Study. Arch Intern Med 2001; 161: 2343-50.pubmed
  • 非高血圧者における高血圧発症頻度の評価
    Assessment of frequency of progression to hypertension in non-hypertensive participants in the Framingham Heart Study: a cohort study. Lancet 2001; 358: 1682-6.pubmed


  日本のプライマリーケア医に伝えたいこと

  高血圧

  脂質異常症

  メタボリックシンドローム(MetS)

  慢性腎疾患(CKD)

  新しいトピックス


 [ << インタビューのトップページへもどる ] 



▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.