慢性腎臓病(CKD)

conclusion2


  高血圧と糖尿病は,腎臓にも心血管系にも悪影響  
「危険因子」という用語を生み出したFramingham Heart Study(FHS)。危険因子を是正すれば心血管疾患を予防できるというメッセージは世界中の臨床に大きな影響を与えた。研究開始から60年が過ぎようとしている今,FHSのディレクターであるDaniel Levy, MDがインタビューに答えてくれた。
(インタビュー: 2007年4月)

―慢性腎臓病(CKD)と心血管イベントの関係について,判明していることは何でしょうか。

 腎疾患症例で最も多い死因は,末期腎症ではなく心血管疾患によるものだということです。腎疾患患者は心疾患や脳血管疾患を発症しやすいのです。なぜなら,腎疾患の二大原因が高血圧と糖尿病であり,同時にこれらが心血管疾患発症の極めて重要な危険因子でもあるからです。

 FHSではクレアチニン値を使用し糸球体濾過量を計算してCKDをみていますが,オリジナルコホートのCKDは約23 %です。CKDの危険因子としては,予想されたように糖尿病や高血圧が含まれています。喫煙も危険因子ですし,脂質レベルの変化もCKD発症リスクの上昇にわずかですが関連していました。


― Framingham Heart Study 関連文献 (2000年以降) ―

  • 内皮機能マーカーと腎疾患
    Relations of Measures of Endothelial Function and Kidney Disease: The Framingham Heart Study. Am J Kidney Dis. 2008 Jul 8. pubmed
  • 腎機能と冠動脈・腹部大動脈石灰化
    Indexes of Kidney Function and Coronary Artery and Abdominal Aortic Calcium (from the Framingham Offspring Study). Am J Cardiol. 2008;102: 440-3.pubmed
  • 心血管疾患の予測因子としてのCKD
    Chronic kidney disease as a predictor of cardiovascular disease (from the Framingham Heart Study). Am J Cardiol. 2008; 102: 47-53.pubmed
  • 過体重,肥満とステージ3 CKD発症
    Overweight, obesity, and the development of stage 3 CKD: the Framingham Heart Study. Am J Kidney Dis. 2008; 52: 39-48.pubmed
  • 最新の10のバイオマーカーを従来の危険因子に追加しても,リスクの同定能の付加的有用性は期待できない →■Worldwide 文献ニュース■
    Multiple biomarkers for the prediction of first major cardiovascular events and death. N Engl J Med. 2006; 355: 2631-9.pubmed
  • 腎機能と心臓弁・弁輪石灰化についての断面解析
    Cross-sectional association of kidney function with valvular and annular calcification: the Framingham heart study. J Am Soc Nephrol. 2006; 17: 521-7.pubmed
  • 耐糖能障害(IFG),耐糖能異常(IGT),CKDの発症リスクに,心血管疾患の危険因子が大きく関与
    Glycemic status and development of kidney disease: the Framingham Heart Study. Diabetes Care. 2005; 28: 2436-40.pubmed
  • 非高血圧,非糖尿病者における軽度アルブミン尿と心血管疾患発症の関係
    Low-grade albuminuria and incidence of cardiovascular disease events in nonhypertensive and nondiabetic individuals: the Framingham Heart Study. Circulation 2005; 112: 969-75.pubmed
  • 血糖値と腎疾患の発症
    Glycemic status and development of kidney disease: the Framingham Heart Study. Diabetes Care 2005; 28: 2436-40.pubmed
  • 腎疾患の進展と関連していたのは年齢,糸球体濾過量(GFR),BMI,糖尿病
    Predictors of new-onset kidney disease in a community-based population. JAMA 2004; 291: 844-50.pubmed
  • 心血管疾患を有しないものでは腎機能は冠動脈石灰化と逆相関する
    Kidney function is inversely associated with coronary artery calcification in men and women free of cardiovascular disease: the Framingham Heart Study. Kidney Int 2004; 66: 2017-21.pubmed
  • 血糖症と微量アルブミン尿の長期的関係
    Longitudinal association of glycemia and microalbuminuria: the Framingham Offspring Study. Diabetes Care 2002; 25: 977-83.pubmed


  日本のプライマリーケア医に伝えたいこと

  高血圧

  脂質異常症

  メタボリックシンドローム(MetS)

  慢性腎疾患(CKD)

  新しいトピックス


 [ << インタビューのトップページへもどる ] 



▲このページの一番上へ

--- epi-c.jp 収載疫学 ---
Topics
【epi-c研究一覧】 CIRCS | EPOCH-JAPAN | Funagata Diabetes Study(舟形スタディ) | HIPOP-OHP | Hisayama Study(久山町研究)| Iwate KENCO Study(岩手県北地域コホート研究) | JACC | JALS | JMSコホート研究 | JPHC | NIPPON DATA | Ohasama Study(大迫研究) | Ohsaki Study(大崎研究) | Osaka Health Survey(大阪ヘルスサーベイ) | 大阪職域コホート研究 | SESSA | Shibata Study(新発田研究) | 滋賀国保コホート研究 | Suita Study(吹田研究) | Takahata Study(高畠研究) | Tanno Sobetsu Study(端野・壮瞥町研究) | Toyama Study(富山スタディ) | Honolulu Heart Program(ホノルル心臓調査) | Japanese-Brazilian Diabetes Study(日系ブラジル人糖尿病研究) | NI-HON-SAN Study
【登録研究】 OACIS | OKIDS | 高島循環器疾患発症登録研究
【国際共同研究】 APCSC | ERA JUMP | INTERSALT | INTERMAP | INTERLIPID | REACH Registry | Seven Countries Study
【循環器臨床疫学のパイオニア】 Framingham Heart Study(フラミンガム心臓研究),動画編
【最新の疫学】 Worldwide文献ニュース | 学会報告
………………………………………………………………………………………
copyright Life Science Publishing Co., Ltd. All Rights Reserved.